火災原因
便利なモバイルバッテリーも取り扱いに注意

インフォメーション 未分類 防犯グッズ(家財を守る)

モバイルバッテリー

今では持っていることが珍しくないほど普及しているモバイルバッテリーですが
しばしば発火爆発といった事故の原因となってます。

それは内蔵されているリチウム電池の老朽化です。

古くなればなるほど「電解質の酸化」がはじまり、ガスが発生、バッテリー内部が膨張します。

もちろんこれだけで発火は起きませんが
更に衝撃が加わると……!


モバイルバッテリーは精密機械

モバイルバッテリーは精密機械です!

例えば、落としたり、お尻のポケットに入れたまま座って圧をかけたり…
これらは非常に危険です。

とてもデリケートなので丁寧に使うに越したことはありません。




安心基準『PSEマーク』の確認を。

オフィスや持ち歩き用などを含めるとモバイルバッテリーを複数個お持ちの方もいるのではないでしょうか??
そんな方はぜひ安全基準『PSEマーク』を確認してみてください。

買い替えの際も同様です。
現在、家電量販店などでは『PSEマーク』がついていないモバイルバッテリーは販売禁止となっております。

フリマサイトなどでの購入や古いモバイルバッテリーをお持ちの方は念のため確認をおすすめいたします!



普段安心して使っているものでも、予想外なところから発火し火災が起きる可能性もあります。
火災を起こさないためにも、小さな確認・注意をお忘れなく。




発火検知にはフラッシュ・アラート

関連記事