フラッシュ・アラート商品化のきっかけ

インフォメーション 防犯グッズ(家財を守る)


フラッシュ・アラート(火災を未然に防ぐシステム)」
実は、意外なタイミングで商品化が始まりました。

焼き物をされている業者さんとの雑談中に
こんな悩みをいただきました。

『火を点火しても消えてしまう』

そのため…従業員はずっと火を見ている必要がありました。

・作品の質も下がる

・経費がかさむ

・スタッフの手が回らない

         などなど・・・

こんな話を聞きながら
ひとつのアイデアが浮かびました。

火(紫外線)の有無
同等の紫外線センサーで察知できる。

そして、機械センサー技術とIT技術の専門家が
協力すれば、世の中のタメになる商品ができると
確信しました。


それは昨今、社会問題でもある火事です。

フラッシュ・アラート
ケーブル周り(ケーブル劣化による火災を防ぐ)
火を扱うところ(ヒューマンエラーを防ぐ)に設置。


火が出た直後に
センサーが察知→スマホに通知があれば
火災を未然に防げる可能性が上がります。



大事な家財を守ること、火災保険の見直しなど
『IT会社が火災意識を変える』をモットーに
今後も火災意識を高める活動を名古屋から発信していきます。


弊社開発製品の「フラッシュ・アラート」に関するお問い合わせはこちらから。

関連記事