フラッシュ・アラートの導入理由

インフォメーション 防犯グッズ(家財を守る)

フラッシュ・アラート

 火災(火事)を未然に防ぎ、家財や思い出を壊さないための製品です。


「 火災(火事)が起きる場所」と聞いて皆さん何を思い浮かべますか?
キッチン部屋での寝たばこコンセント回りなど建物での火災を思い浮かべるのではないでしょうか。


そこで、建物火災と切っては切り離せないのが損害保険


損害保険とは?

損害保険は略して「損保」と呼ばれており、
突然の自然災害ケガ盗難、または損害賠償責任など、リスクに応じて必要な保険です。

損保といっても、いくつか種類があります。
地震保険自動車保険火災保険傷害保険医療・介護保険などなど…

その中でも、フラッシュ・アラートと密接な関係があるのは火災保険です!
火災保険とは火災や天災、建物外部からの物体の衝突、水濡れ、盗難などにより建物や家財に生じた損害に備える保険です。

そこで火災保険について調べてみました。

 火災保険 事故件数ランキング

事故種別事故件数
水災・風災・雪災など21,025件
漏水などによる水濡れ4,057件
不測かつ突発的な事故(汚損・破損など)2,864件
落雷2,810件
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など1,719件
盗難による盗取・損傷・汚損1,583件
火災926件
出典:損保ジャパン 平成24年度個人用火災総合保険 保険金支払実績

上の表を見てみると、「火災保険」という名称がつきながらも、火災事故が一番少ないのです。

もしかしたら、、、
入居時などに申請しただけの保険が眠っているのかもしれません。
火災保険の更新時期に、今一度ご確認してみてください!

火災が起こり得そうな場所をチェックしてもらい、
フラッシュ・アラート(火災を未然に防ぐ)について
お問い合わせいただければ使い方や操作方法など実際に見ていただくことも可能です。

ぜひ、下記からお問い合わせください!


関連記事