即・火災お知らせ機能(フラッシュアラート)

未分類 防犯グッズ(家財を守る)

緊急支援携帯電話

近年・減少傾向にある火災

 

でもまだ年間10000万件

 

1日30件ほど

減りつつある理由

・電気器具、ストーブなど防火安全機能の充実

・タバコを吸う人の減少

・住宅用火災警報器の普及

平成28年度の調べでは

火災(火事)による損害額

なんと752億円

名古屋市の水道事業会計と
変わらない金額が動いてます。

1日約100件

約2億円の計算

もしかりに火災報知器が早く作動したら

752億円を減らす事ができたかも

1日2億を減らす事ができたかも

即・火災お知らせ機能

フラッシュアラートの機能

炎から出る紫外線を瞬時に感知
約1分で発報

従来の火災報知器
3〜6分

Wi-Fi +スマホで

約5分(300秒の短縮)

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA