火事を防ぎ・家財を守る

防犯グッズ(家財を守る)

緊急支援携帯電話

防火で対策 → 検索

緊急支援携帯電話

総務省消防庁が現れます。

もちろん市町村も広報活動しております。

これが言いたいのではないでしょうか?

住宅火災の対策は注意の習慣化

ひとりひとりの心がけ+近所との連携

このような事が書いてあります。

ここで私たちが提案したのは

ひとりひとりの心がけ+デジタル(Wi-Fi+スマホ)

早く・正確に火が猛威を振るう前に

携帯電話または固定電話にコール

  従来の火災報知器

3分〜6分(箱根駅伝の選手なら1キロ以上)

フラッシュアラート 1分

商品の自慢ではありません

火事は時間の経過が遅れるほど

火が猛威を振るいます

フラッシュアラートで時間を

買ってください。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA