火災「後」の保険、火災「前」の対策

インフォメーション 防犯グッズ(家財を守る)

火災保険が2022年10月より値上げ

相次ぐ大規模な自然災害の発生により、火災保険が大きく改定されます。

①参考純率が10.9%引き上げ
②保険期間が最長5年に短縮

2022年10月1日以降に補償開始日を迎える火災保険から上記の影響を受けます。

※参考資料
https://fire.bang.co.jp/promo/landing/index02.html?ID=agliw00010&gclid=Cj0KCQjw3eeXBhD7ARIsAHjssr8ZFdozusAuqDLGA27jlGuLFJltmDLjvEvFAzTCBiWVOmGY2Je2-NMaAjX_EALw_wcB

火災保険は火災の後の対策、では火災の前の対策は?

火災保険は火災が起きてしまったときの対策としてもちろん必要です。
しかしその前に火災を起こさないための対策はしていますか?

過去に自宅や職場等で火災経験のある方は意識しやすいですが、
そうでない方々がほとんどなのが現状だと思います。

では、火災を経験してから対策をすればよいのか?

それは絶対に違います。

予測不能な地震や大雨による土砂崩れなど
自然災害の対策は普段から行っている人が多いです。
火災も同じ。

いつ火災が起きるかわからない。
どこから出火するのかわからない。
だからこそ
普段からの対策が必要です。




弊社開発製品の『Flash Alert®』は
ライターの小さな炎でも瞬時に検知
火災が起きる前にお知らせ🔔📲

LINEや専用アプリに素早くお知らせが届き、カメラの設置で出火元も画像で確認できます。

火災前と後の対策を見直し、暮らしに安心を。



関連記事