Flash Alertはこんなところが優秀です!

インフォメーション 未分類 防犯グッズ(家財を守る)

お客様とお会いする際、「火災警報器の現状」「火災予防(対策)」の違いをお話しています。
今回はその詳細を記事にまとめましたので、最後までぜひご覧ください!

火災報知器について

まず、火災警報器の設置は義務付けられています。

火災警報器は消防法で
2006年から全ての新築住宅への設置が義務となり
既存住宅(中古住宅)は猶予期間を経て、2011年以降は全市町村で義務になりました。

設置が必須なのは寝室や階段で、
さらに一部市町村で異なりますが、
自治体の条例によって台所や居間などへの設置を義務付けとなっています。

火災予防(対策)の違い

Flash Alertと火災報知器の対策の違いについて、お話しします。
まず、火災報知器の特徴や種類は以下の表のようになっています。

特徴種類
熱感知差動式スポット型感知器/定温式スポット型感知器
煙感知光電式スポット型感知器/光電式分離型感知器
火災報知器の種類


「熱が高温になった」
「煙がセンサーまで到達する」ことで火災が起きたと認識するものと、
が出た瞬間にに含まれる紫外線を検知してお知らせするFlash Alertは全く違います。

では一体どう違うのか・・・それは「速さ」です。

陸上で例えるとマラソンと、100メートル走くらい別物で、
Flash Alertは、スピード勝負の100メートル走といえます。

5メートル先約2cmのライターのを瞬時にセンサーが感知。
感知後は3秒~5秒以内にお客様の端末(スマホやタブレット等)に通知が行きます。

感知する速さ伝達する速さ、これがFlash Alertの優秀なところです!

に含まれる紫外線を検知し、素早く通知してくれることから、
火事を未然に防ぐことができ、火元の特定まで任せられるFlash Alert

火災が起こったことをお知らせしてくれることも大切ですが、
何より火災を未然に防ぐことができたら多くのものを守れます。

数に限りはございますが、実証実験としてサンプルを設置することも可能ですので、
ご興味のある方、Flash Alertの優秀さを体験したい方は是非ご連絡ください!

関連記事